「徳島安2農産物」認証制度概要

 「とくしま安(あんあん)農産物(安GAP)」認証制度概要

徳島県では、これまで運用してきました「とくしま安n農産物」認証制度に、工程管理の手法
のひとつ
であるGAP(ギャップ)を導入し、本県独自の新たな制度として、再構築しました。
新制度では、これまでの「食品安全」に加え、「環境保全」や「労働安全」にも配慮した、優れ
た農業生産体制
を認定し、認定された農産物に「認証マーク」を表示することによって、商品情報の入手先を
消費者にお伝えします。

「とくしま安農産物」認証制度では、取り組み項目を、
重要度に応じて必須・重要・推奨に分類しました。

 基本設定は、主に必須項目を実践していることが
要件となります。
 優秀設定は、必須に加え、重要項目を実践している
ことが要件となります。
 取り組む項目を少しずつ増やすことで、ステップ
アップしていきましょう。

 

設定を申請できるのは

徳島県内に在住し、県内のほ場で
農産物を生産する生産者(組織)で
す。

対象者は

野菜、果樹、水稲、茶、きのこの
生産工程を対象にします。